債務整理なんでもナビ

借金を減額する正式な手続きは実際にある

借金の返済に苦しんでいる人にぜひ知ってほしいのですが、借金を減額してもらう方法として、債務整理という法的に認められた手続きがあります。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、それぞれ借金減額効果の大きさやデメリットの大きさが異なるので、収入や借金額など自分の状況に合ったものを選ぶことがポイントです。

任意整理で借金を減額するとどうなる?

任意整理とは、弁護士や司法書士に代理人となってもらって、銀行・クレジットカード会社・消費者金融と直接交渉してもらい、利息の全額カット返済期間の延長を実現する債務整理です。

例えば、借金額が100万円だと毎月5万円ずつくらい返済して総額120万円程度の支払いとなるのが一般的ですが、任意整理をすると利息の約20万円は支払う必要がなくなります。

また、返済期間を60回払い(5年)にしてもらったとすると、毎月の返済額は1万7000円以下に抑えることができます。

ただし、債務整理をすると一定の年数の間ブラックリストに載るため、クレジットカードを使えなくなる、新しく借金ができなくなる、分割払いでスマホを買えなくなるなど、信用が必要な取引にいくつかの制限を受けます。

個人再生で借金を減額するとどうなる?

個人再生とは、裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらったうえで、3~5年かけて返済を行っていく債務整理です。

例えば、借金額が600万円だった場合、返済額は120万円になります。これを5年で返済する場合、毎月の返済額は2万円です。

ただし、預金・不動産・自動車などの財産がある場合は、財産の価値に応じて減額してもらえる借金の金額が変わります。

自己破産で借金を減額するとどうなる?

自己破産とは、裁判所を通して手続きをすることで、財産を処分する代わりに借金の返済義務をなくしてもらえる債務整理です。

財産を処分するとはいえ、99万円までの現金と生活必需品は手元に残すことが認められているので、一文無しにはならず、経済的に再スタートを切ることが可能です。

まとめ

借金を減額してもらう正式な手続きとしては、任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理があります。

任意整理では利息のカット、個人再生では元本の減額、自己破産では借金の返済自体の免除といったように、それぞれ借金減額効果が異なりますが、借金減額効果が大きいほどデメリットも大きくなります。