債務整理なんでもナビ

債務整理をしたらペットは没収されるの?

債務整理をする場合、飼っているペットも財産として没収されることはあるのだろうかと、心配している方も多いでしょう。

基本的には、債務整理をしてもペットが取り上げられることはないので、安心してください。

ここでは、債務整理をした際のペットへの影響について、簡単に説明します。

ペットは基本的に没収されない

債務整理の中でも、自己破産を選択した場合、財産があればお金に換え、借金の返済に充てなければなりません。

購入時に数十万円した血統書付きのペットも、財産とみなされるのでしょうか?
ほとんどの場合、その心配はありません。

近年、ペットは家族の一員であるという考え方が広まり、ペットは他の財産と同様の物として扱われにくくなっています。
また、没収した後の維持管理費用や手間に対して、成犬や成猫は成長するにつれどんどん価値が下り、売却しても回収できるお金は微々たるものになる恐れがあります。
合理性の面から考えても、ペットが没収されることはほぼないと考えて良いでしょう。

20万円を超える高額ペットなら没収の可能性がある

ただし、数百万円もする馬や錦鯉など特殊なペットであれば、没収・売却されてしまう可能性はあります。
犬や猫と違って、特殊なペットは財産とみなされる可能性が高いからです。
売却して20万円以上の価値があるなら、管理や売却の手間がかかったとしても、売却して借金を回収した方がいいと判断されることがあります。

家畜なら没収される

特殊なペットと同様、家畜は財産とみなされます。
家畜は個人的な愛玩動物ではなく、酪農家にとっては商品と言えます。
ですから、自己破産をした時点で、財産である家畜は売却してお金に換えなければなりません。
自己破産で酪農を廃業するため、当然といえば当然ではあります。

まとめ

犬や猫などのペットは、たとえ購入時の金額が数十万円以上であっても、自己破産をして没収される可能性は低いでしょう。
ペットは家族の一員という考え方が広がり、また、ペットを没収・売却して借金の返済に充てることが合理的ではないからです。
ただし、錦鯉や馬などの高額なペットや家畜は、財産とみなされるケースが多く、没収・売却の対象となります。