債務整理なんでもナビ

ギャンブルの借金で悩む人が読む債務整理の基礎知識

パチンコや競馬などのギャンブルでできた借金は債務整理できないのではないか、と考える人は多いですが、実際には借金の理由が何であってもほとんどの場合は債務整理をすることが可能です。

ここでは、ギャンブルの借金で悩んでいる人に向けて「債務整理はできる」という理由を説明していきますので、ぜひ目を通してみてください。

任意整理や個人再生はギャンブルの借金でも関係なく債務整理できる

借金の利息を全額カットできる任意整理や、借金の元本を5分の1程度に減額できる個人再生では、借金の理由というのは特に問われません。

重要なのは債務整理の手続きの後でしっかりと返済を続けていけるかどうかなので、自分の収入と借金額に合った方法を選ぶことが大切です。

自己破産でもギャンブルの借金は債務整理できる

借金の返済義務自体を免除してもらえる自己破産は、任意整理や個人再生とは異なり、借金をした経緯や理由によっては「免責不許可事由」といって自己破産を認めてもらえないことになっています。

しかし、実際の運用上は、返せない借金をしたことをきちんと反省し、誠意をもって手続きに取り組めば、裁判所の裁量で自己破産を認めてもらえることがほとんどです。

債務整理後にギャンブルの借金を繰り返さないために

債務整理をした理由がギャンブルの場合、せっかく借金を整理したのにまたギャンブルに走って借金を作ってしまう、ということは絶対に避けるべきです。

やってはいけないと思っているのにギャンブルがやめられない場合、ギャンブル依存症になっている可能性があります。きちんと治療をすれば治りますので、心療内科や精神科のある病院で相談してみてください。

まとめ

任意整理では借金の利息を全額カット、個人再生では元本を5分の1程度に減額といったことが可能ですが、この2つの債務整理では借金の理由は問われませんので、ギャンブルが理由の借金でも心配なく手続きできます。

自己破産には借金返済の免除を認めてもらえない「免責不許可事由」というものがあり、ギャンブルでの借金は免責不許可事由にあたります。しかし、反省していることをしっかり示し、誠実に手続きに臨めば、裁判所の裁量で自己破産を認めてもらえることがほとんどです。

ギャンブルがやめられない場合はギャンブル依存症のおそれもありますので、借金の問題を落ち着けるのと同時に病院などへ相談したほうがいいでしょう。